スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
安全大会
2009 / 06 / 16 ( Tue )
もしも家を建築中に

現場で大きな事故が起こってしまったら...

もちろん怪我をしてしまった方は痛い思いをし

その家族の方もつらい思いをするわけですが

工事が途中で止まってしまったり、家が完成しても喜びが半減してしまうなど

依頼を頂いたお客様にも多大な迷惑がかかってしまうのです

なので私たちは現場での事故を未然に防ぐための取組みに力を入れています

昨夜は私たちスタッフと協力業者の皆さんに集まっていただき

安全大会を開催いたしました

DSCN4208.jpg

工事現場で実際に起こっている事故例を基に

なぜそのような事故が起きてしまったのか

原因と対策を詳しく説明

皆さんメモを取りながら熱心に聞き入っておりました

積極的に安全対策や工法改善などに努められている方には

優良表彰として賞状と記念品の贈呈もあり

次回は私もと皆さん安全への意識がより高まった様子が伺えました

大会の最後は各グループごとに分かれての討議

DSCN4211.jpg

各自に常日頃の安全対策や品質向上のための取組みなど

活発に意見が飛び交い有意義な会となりました


これからもスタッフ一同、無事故・無災害に取り組んで参ります



スポンサーサイト
15:24:14 | 住宅への取り組み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
現場打合せ
2009 / 01 / 25 ( Sun )
いよいよマイホームが完成し

夢のマイホームでの生活がスタート

ところが...。

「ベットを置いてみたらコンセントが隠れてしまう」

「パソコンの配線が露出し天井を這う」

「スイッチの位置が悪く、電気の入切りに一苦労」


なぜこのような問題が起こるのでしょうか

その原因は

図面上だけでスイッチやコンセントの位置を決めてしまったケースが多いようです


そこで私たちが重要と考えるのが電気打合せ(現場打合せ)です


今日はお客様の家の建設現場で電気打合せが行われました

DSCN3821.jpg

上棟後の工事現場へお客様にお越しいただき

立体となった建物内を実際に歩きながら

図面と照らし合わし

コンセントの位置、スイッチの高さなど一箇所ずつ確認を行いました

DSCN3824.jpg

最近では様々な電気機器が増え、配線も複雑化していますので

完成してから後悔しないためにも

家づくりの過程での電気打合せ

重要な打合せの一つだと思います


18:20:24 | 住宅への取り組み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
住宅友の会開催
2008 / 12 / 07 ( Sun )
ヤマウラ住宅友の会が開催されました

会場は佐久平にありますベーカリーテラス・ポアンさん

お店の内外はクリスマスムードたっぷりの飾り付けがされ

クリスマスソングが流れる和やかな雰囲気の中、開宴となりました

まずは天然のコニファーを使ってのツリー作り

DSCN3565.jpg

お子さんたちは大はしゃぎで椅子に登り飾り付けを行い

お父さんお母さんも夢中になって手伝っている姿が印象的でした

ご家族それぞれ個性あふれる作品が完成しました


式の終盤ではトナカイに先導され、サンタクロースが登場

子供たちは始めてみるサンタクロースに目を丸くしていましたが

プレゼントをもらい大喜び

DSCN3573.jpg


みんなで参加したビンゴゲーム

も大変盛り上がりました

番号が読み上げられるたびに歓声があがり

一喜一憂

一等はなんと4歳の男の子

DSCN3576.jpg


ご家族同士でも会話が弾み

和やかな雰囲気の楽しいクリスマス会となりました

あっという間の2時間ではありましたが

お子さんたちの記憶の中に少しでも残っていただければうれしく思います


二年前に展示場のオープンを迎えるにあたり

いつの日か地元佐久で住宅友の会を開催したいと決意してスタートしましたが

おかげさまで多くのお客様との縁に恵まれ今日の日を迎えることが出来ました

心より感謝しております

ありがとうございました


次回開催する際にはもっと多くの方にお集まりいただけるよう

頑張っていこうと決意した次第です


19:07:07 | 住宅への取り組み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
住宅友の会開催準備中
2008 / 12 / 02 ( Tue )
佐久展示場オープンから2年が経過したわけですが

2年間の中では、おかげさまでたくさんのお客様との縁に恵まれ

私たちが提案させていただいた多くのお客さんの家「子育て住宅」が誕生しました


そして、すでにマイホームでの新生活が始まっているお客様

現在建設中のお客様

また、着工に向けて準備中のお客様

数多い住宅メーカーの中で私たち「子育て応援住宅プロジェクト」の提案に共感いただき

ご依頼いただきましたお客様には感謝の気持でいっぱいです


私が考える住宅を提案する者の使命とは建物を引き渡してしまえば終わりではなく

その家がある限りメンテナンスを行っていくこと

また、マイホーム建設というお客様の人生の中で一番大きな買い物を

私たちを信頼し、お任せいただいたお客様と一生お付き合いさせていただくことだと考えます


そんな取組の一環として今週末、佐久エリアでは初の

ヤマウラ住宅友の会を開催いたします

ご依頼いただきましたお客様にお集まりいただき、食事をしたり、ご家族同士ゲームや会話をしたりと楽しい懇親会です

2年前の展示場オープンの時には、そんな日が来るのを夢見ていましたが

いよいよその日を迎えます

今回はクリスマスをキーワードに

親子で楽しめる会になるよう現在準備中です


当日はたくさんのお客様が来られる予定

成長されたお子さんの姿が見られるのもとても楽しみです


23:55:09 | 住宅への取り組み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
養生
2007 / 09 / 09 ( Sun )
待ちに待ったマイホームが完成

完成した我が家を見回してみると

なんてことか、床は傷だらけ

壁にも建具に傷

こんな経験をする方は少なくありません

一生に一度の高価な買い物、悔やんでも悔やみきれないですよね

家が完成するまでには大工さんだけではなく、15~20社(計100人ほど)の人たちが出入りするわけです

なので普通に工事を進めて行ったら、家は傷だらけになるのも無理はありません

でも傷がついている新車を買う人はいないかと思います

現場で造る家だからしょうがないのか

そんなことはありません


そこで重要なのが「養生」です

20070909144120.jpg


人が歩いたり工具を置いたりと、一番傷つきやすい床材は張り終えたらすぐに

養生用の板とシート、テープを使い完全に覆うことが重要です

DSCN1821.jpg


資材の搬入や人の出入りでぶつけやすい建具枠は専用養生材で保護します

DSCN1536.jpg


そして毎日欠かしてはいけないのが掃除です

切りくずや埃、廃材を放置しておくと傷や汚れの原因になります

DSCN1537.jpg


なので私たちの現場では時間や担当者を決めて

建物の内外を毎日掃除しています


傷のついた建物を引き渡したくないですし

完成した建物をお客さんに見ていただいたときに喜んでいただきたい

という思いで、日々工事を進めています


14:58:45 | 住宅への取り組み | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。