スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
キッチンタイル
2010 / 02 / 12 ( Fri )
マイホームを建てる喜びは家族の中でも様々な思いがありますが

奥様の喜びはやはり「夢にまで見たシステムキッチン」

という方が多いのではないでしょうか?

機能性はもとよりデザインにも懲りたいものです

そこで今日はキッチンの壁について!

「デザインを考えるとタイル張りにしたいけど、目地が汚れるし掃除が大変だから...」

ということであきらめている方も多いはず

そんな方に朗報!

イナックスから発売されていますキッチン専用目地材「スーパークリーンキッチン」

DSCN5459.jpg

先日完成した家でも採用されました!

通常の目地材ですと油汚れでしみがついたり

カビが発生したりと、お手入れが大変でしたが

この目地材は油汚れに強く、抗菌作用もあります

DSCN5461.jpg

写真は目地材を塗りこんでいるところ

塗りこんだあとはタイルに目地材が残らないように

きれいにふき取ります

DSCN5706.jpg

キッチンのタイル張りをあきらめていた方

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか


スポンサーサイト
11:55:33 | 家造りの工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オンリーワン
2010 / 01 / 24 ( Sun )
最近リビング階段を採用されるお客様が多くなっていることは

以前にもお話いたしましたが

リビング階段といえば...

家族のコミュニケーションが図りやすかったりだとか

メリットが多いのは確かなのですが

デメリットの一つとしては

階段が暗くなりがちであること!

外壁面に接していない場合には2階からの光が取り入れることが困難なため

日中でも階段スペースが暗くなってしまう傾向にあるのです

今回のお宅では2階の階段手すりから光を取り入れられ

なおかつ、デザイン性に優れた手すりを提案させていただきました[emoji:v-219

既製品では適当なものが見つからなかったため

いつも協力いただいておりますロートアイアン作家坂本さんに依頼

幾度かデザインの打合せを行い

世界に一つしかないオリジナルの手すりが完成しました

DSCN5452.jpg

今回の作品はアイアンでありながらもやわらかさを感じさせてくれるもので

ポイントで使われているステンドガラスがアクセントとなっています

現場では事前に大工さんに下地を入れてもらっていたので

取り付けは、安易であるため

私が自ら取り付けを行いました

DSCN5554.jpg


2階ホールから取り入れた明かりを

そのまま階段下へ取り入れことができ

明るいリビング階段をつくることができました


19:20:11 | 家造りの工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ムーブクローゼット
2009 / 09 / 23 ( Wed )
家族の成長に合わせて求められる間取りにも変化が出てきます

例えば、子供が小さいうちは開放的な広い部屋として、多目的に使いたい

子供が成長し、一人の部屋が必要になったときには間仕切りをして個室としたい

子供が独り立ちした際には、また広い部屋に戻したい...など


「その都度リフォームするには費用もかかるし」とお悩みの方に

おすすめしたいのが、クレバリーホームオリジナルネオムーブクローゼット

SKMBT_C25209092311090.jpg

可動式のシステム収納です

広い部屋が必要の時には壁際に寄せて収納として利用

部屋を仕切りたいときは間仕切壁兼用の収納として利用できる優れものです

DSCN4516.jpg

以前からムーブクローゼットは商品化されておりましたが

実際のところ動かすのに複数の人で運んだりと動かしづらいのが欠点でした

しかし、このクローゼットはネオと付くだけあり

欠点を補う改良がされています

DSCN4513.jpg

収納内の床にレバーを取り付けクルクル回すと

なんとクローゼットが浮き上がり、スイスイと一人でも動かせてしまうのです


ライフスタイルに合わせて間取りを変えたいと考えられる方には

ぜひ採用していただきたいと思います


11:38:21 | 家造りの工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お客様のアイデア
2009 / 04 / 01 ( Wed )
最近人気のSIC(シューズインクローク)

靴や傘、ベビーカー、スポーツ用品などであふれ雑然としてしまう玄関に

収納スペースを儲け家族の動線とお客様の動線を分けることにより

玄関を常に整然とした状態に保てる優れものです

しかし、デメリットもあります

それは玄関スペースの面積が広くなるため、床面積が増えてしまうこと


先日お客様とプランの打ち合わせをする中で

「面積は増やしたくないけどSICができないものか?」と相談を受け

私も頭を抱えていたところ

奥様からあるアイデアをいただきました

「玄関からSICに入る扉とSICからホールに出る扉を共通の一枚の扉で開閉できるようにすれば
省スペースでも有効的に使えるSICができるのでは!」

なるほど...と早速絵に

ミニSIC

玄関横の扉からSICへ入り

SICの中で開けた扉を戻すと

ホールへ上がる入口が出てきます


実際にお客様の家で採用されました

・玄関から扉を開けた様子
DSCN4003.jpg

・ホールから扉を開けた様子
DSCN4002.jpg

扉が玄関側にあれば、来客があってもSIC内が見えないため安心です

SIC内の壁は汚れても掃除が楽々なキッチンなどで使われるパネルを張り

可動棚を設置

省スペースでも立派なSICが誕生しました


23:59:03 | 家造りの工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
建具の開き勝手
2009 / 02 / 09 ( Mon )
廊下に面したトイレや洗面室

注意が必要なのは扉の開き勝手です

狭い空間での扉の開閉動作や

動線との兼ね合いなどを考慮して扉を検討する必要があります


こちらは一般的な開き戸

SKMBT_C25209020914480.jpg

扉の可動範囲が大きく、狭い空間での開閉が困難であるのと

中から開いたときに廊下を歩いている人とかち合う危険がある

などのデメリットがあります

引き戸にすれば、これらの問題は解決できますが

引き込むスペースがなかったりすることも多いのです


そこで今日ご紹介するのはこちら

SKMBT_C25209020914481.jpg

ドアの中心部を軸にして開閉するドア

可動範囲が小さく、体をほとんど動かさずに開閉

扉も廊下側に僅かしか出ないので、安心して開くことができます

DSCN3834.jpg

名称はメーカーにより異なるようで

引き込み戸(TOTOさん)

ローリング式片開きドア(大建工業さん)などと

呼ばれています

水廻りやそれぞれの部屋の扉が向き合う狭い場所などに

お勧めです


15:48:36 | 家造りの工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。