スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
軽井沢国際カーリング
2009 / 01 / 27 ( Tue )
いよいよ明日から

軽井沢で国際カーリング大会が開催されます

SKMBT_C25209012611020.jpg

世界9カ国からトップレベルの選手が集い

五日間の熱戦が繰り広げられます

全日本チームとして

男子:SC軽井沢クラブ

女子:チーム青森

日本選抜チームとしては、チーム長野(女子)

も出場します


来年のバンクーバーオリンピックではさらに盛り上がりを見せると

予想されるカーリング

ぜひこの機会に会場で観戦されてみてはいかがでしょうか


会場は軽井沢風越公園内にありますスカップ軽井沢

入場料は無料です

詳しいスケジュールはこちら

SKMBT_C25209012611021.jpg


スポンサーサイト
11:27:31 | カーリング奮闘記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
軽井沢国際カーリング選手権開催
2008 / 01 / 27 ( Sun )
今年も軽井沢町にて

国際カーリング選手権大会が開催されます

SKMBT_C35208012709021.jpg


世界6ヶ国から強豪チームが集い

五日間の熱戦が繰り広げられます

全日本チームとしては

男子は地元軽井沢のSC軽井沢クラブ

女子はチーム青森

が参戦します

開催日は2/13(水)~17日(日)

入場料は無料です

私も応援に行く予定です

氷上のチェスとも言われ、技術と体力、知性を求められるカーリング

会場で観戦するとかなりの迫力があり楽しいですよ

会場はこちら

SKMBT_C35208012708580.jpg



09:20:59 | カーリング奮闘記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カーリング
2007 / 02 / 20 ( Tue )
先日カーリングの観戦に行った話題を載せましたが

何でも影響が受けやすい私

早速挑戦してきました

軽井沢のカーリングスクールに入門したわけですが

いざ氷の上に降りてみると、なんと歩くのもままならない状態

先生に歩きかたから教わり練習を開始

なんとか歩けるようになったところでストーンを投げてみました

DSCN0810.jpg


まずは20kgあるストーンの重さに戸惑い

ハック(スタート台)から勢いをつけて滑り出し、投げてみると力の入れ加減が非常に微妙で難しさを感じました

強めに投げるとハウスを飛び越し、弱めに投げるとハウスに届きません

チームメイトの馬場選手

DSCN0811.jpg


人は意外なところで才能を発揮するようで、初めてとは思えない実力

少し悔しい思いで次なる難関スウィープ

ブラシで氷をこすり、ストーンをハウスへ導く作業です

掃除には自信のある私でしたが

これが非常に疲れることにビックリ

まずはストーンについていくだけでも大変

ゼーゼーハーハー言いながら必死にこすります

DSCN0816.jpg


まさかカーリングがこんなに疲れるものとは

最後は一緒に参加したメンバーとミニゲームを行い練習終了

ということですっかりハマッてしまったカーリング

現在、奮闘中であります




20:50:55 | カーリング奮闘記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カーリング
2007 / 02 / 04 ( Sun )
話は飛びますが

昨年行われましたトリノオリンピックの中で注目を浴びた競技の一つがカーリング

チーム青森のがんばりは今でも記憶に新しいかと思います

カーリングは氷上のチェスとも言われるスポーツで優れた技能に加え、戦略を練る頭脳が必要とされるスポーツです

そのカーリングが1/31から今日まで軽井沢で国際大会が行われていました

オリンピック以来興味を持ち、生で見てみたいと思っていたので早速会場へ

DSCN0747.jpg


DSCN0749.jpg


会場の外には各国の国旗が並び国際大会らしい雰囲気となっておりました

いざ会場の中へ

生で見るカーリングは予想以上の熱気で選手が張り上げる声と、20kgあるストーンが滑っていく音が響き渡りすごい迫力

DSCN0760.jpg


私が見た試合は女子の日本代表チーム対カナダチーム戦

一進一退の攻防が繰り広げられていました

投げたストーンが手前にあるストーンをぬって40m先にあるハウスと呼ばれる円の中にピタッと止まるその技術には感動をおぼえました

DSCN0753.jpg


多彩な戦略も含めて非常に奥が深いスポーツだと感じました

日本チームは惜しくも敗れてはしまいましたが

3位に入る健闘


機会があったらぜひ私もトライしてみようと無謀なことを考えながら帰ってきました


20:37:33 | カーリング奮闘記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。