スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
収穫
2009 / 07 / 18 ( Sat )
展示場裏にあります家庭菜園コーナー

今年も様々な野菜が元気に育っています

DSCN4336.jpg

先月に白い花を咲かせていたジャガイモ

春先に種芋を土に埋めておいたもので

いよいよ収穫の時期を迎えました

立派なジャガイモに育っているのか

恐る恐る掘り返してみると...

DSCN4337.jpg

出てきました

おいしそうなジャガイモがゾクゾクと

DSCN4338.jpg

早速、晩御飯の食卓に上がり

おいしくいただきました


マイホーム計画の中で是非おすすめしたい庭先の家庭菜園コーナー

野菜作りを通じて家族の絆もより深まるものと思います

佐久展示場にお越しの際には展示場裏にも注目です


スポンサーサイト
10:58:57 | 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いよいよ収穫!
2008 / 07 / 28 ( Mon )
苗を植えたところまで紹介しました

展示場の家庭菜園ですが

早くも収穫の時期を迎えました

画像 002

今年一番目立っているのは

なんと言ってもイタリアントマト

一般的なトマトと比べると楕円形の形をしているのが特徴

たくさんの実を付け始めました

画像 005

イタリアントマトは生で食べると特別おいしくないのですが

煮込むと甘みが増してパスタなどにぴったりのおいしいソースが出来る優れもの

早く赤くならないかと心待ちにしています

画像 001

今日の収穫はナスピーマンキュウリトウガラシ

無農薬で有機肥料を使って育った野菜が出来ました

家で一杯飲みながら食べようと思いきや

まだ仕事が終わりません


22:10:42 | 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
苗の植え付けを行いました
2008 / 05 / 15 ( Thu )
土作りが完了した展示場の家庭菜園コーナー

いよいよ苗の植え付け作業を行いました

まずは苗が生長した時のバランスなどを考慮して配置を決め

畑の上に苗のポットを並べていきました

スコップで穴を掘りながらひとつひとつ植え込み

DSCN2807.jpg


今年植えた苗は、イタリアントマト、ピーマン、キュウリ、ナス、夕顔、カボチャなどなど

植え込みが完了したところで

苗が風で倒れたりしないよう、支柱を立てて軽くヒモで縛ります

DSCN2809.jpg


植え付け完了

農薬や化学肥料を使わない有機菜園とするための工夫として

苗の周囲にマリーゴールドを植えました

キク科の植物は虫が嫌がる独特な匂いを出すので

除虫効果が期待できるからです

昔、私の祖母が作っていた菜園にマリーゴールドが植えてあったのを思い出し

ヒントとなりました

DSCN2870.jpg


これからは水遣りや、草取りなど手間はかかりますが

日々、苗が生長していく姿を見るのは楽しみのひとつでもあります

おいしい野菜がたくさん収穫できることを願います

また苗の成長や収穫の様子をブログの中で紹介できればと思います


00:31:42 | 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2008 / 04 / 21 ( Mon )
展示場裏にある家庭菜園の土造り

石灰を撒いてから2週間が経過し

昨日、元肥を混ぜ合わせる作業を行いました

有機菜園の肥料として採用したのは

バーク堆肥と鶏ふん

DSCN2781.jpg


バーク堆肥は樹皮をリサイクルしたもので、土壌改良効果に優れ

土自体を栄養分に富んだ健康な土にするための有機質土壌改良材

鶏ふんは安価でありながらも栄養分がタップリです


土の上に撒いたところで

いよいよ攪拌

DSCN2790.jpg


ふかふかで栄養分いっぱいの土となりました

これで土作りは完了

次回はいよいよ苗の植え付けです


11:50:55 | 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家庭菜園
2008 / 04 / 07 ( Mon )
マイホーム(戸建て住宅)を建てたい理由の一つに

子供を安心して遊ばせられる庭が欲しいと言われる方もいます

庭は家と同様に家族との思い出づくりの大切な場であると考えます

木を植えたり、花壇や砂場を作ったり、芝の上でバーベキューなど

家族の憩いの場となるわけです

その中で私がお勧めするのが、庭の一角を利用した家庭菜園

新鮮な採れたて野菜が食べられるのはもちろんですが

苗を植えたり、家族で当番を決めて水を与えたり

成長していく苗を毎日眺めたりと

家族みんなで楽しめるのと同時に

お子さんも大切なことをそこから学んでくれるかと思います


そこで、今年も展示場裏で家庭菜園コーナー開設することになりました

土作りから収穫までの様子や菜園作りのポイントなど

ブログの中で紹介していければと思います


早速、土作りが始まりました

DSCN2669.jpg


肥料を混ぜる前に重要なのが消石灰を撒くことです

植物は中性土壌を好むものが多いため

酸性化している土壌にアルカリ性の消石灰を混ぜてあげることにより

中性化することが重要になります

消石灰を撒いて二週間ほどしてから肥料を混ぜ合わせると

土作りが完成します


10:34:36 | 家庭菜園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。