スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
畳コーナー
2008 / 06 / 24 ( Tue )
「和室まではいらないけど、ちょっとゴロ寝出来る畳のスペースがほしい」

「家族が集まるリビング、冬場はコタツを置きたいけどソファーを置いてしまうとスペースがない」

そんな悩みを解決してくれるのがリビング横の畳コーナー

DSCN2735.jpg


こあがりのように一段あげて腰を掛けられたり

畳の下を収納にするケースもありますが

今回の写真は周りの床とフラットにしたタイプの畳コーナーになります

DSCN2733.jpg


写真のように4畳半くらいのスペースなら、ヘリがない半帖の大きさの畳を並べますと

洋室に畳という違和感がなく

モダンな雰囲気となりインテリアにもマッチします

冬場はコタツ、3月には雛人形を飾ったり、夏場は窓を開けて夕涼み

季節に応じて変化のある家族の憩いのスペースになるでしょう


スポンサーサイト
19:14:19 | 間取り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キッチンから考えた間取りの工夫
2008 / 03 / 01 ( Sat )
マイホームというと明るく暖かい雰囲気の中で家族が食卓を囲む様子を思い浮かべる方も多いかと思います

炊事を行うキッチン、食事をするダイニングのスペースは

家族の絆を深める重要なコミュニケーションの場となります

子育て家族にとってのプランニングのポイントはキッチンと言っても過言ではないでしょう

今日はキッチンを中心に間取りを考えてみます


最近の主流は対面キッチン

SKMBT_C35208030118420.jpg


炊事をするお母さんが家族の様子を伺いながら作業が出来たり

お料理をカウンター越しにテーブルへ出したりと作業動線が短いなど、たくさんのメリットがあります

デメリットとして考えると

キッチンとダイニング=「作る人」と「食べる人」

となりがちなところでしょうか?


そこで、今回紹介するのはリビングキッチン

SKMBT_C35208030118421.jpg


キッチンの位置は同じですが、ダイニングをキッチン横に配置することにより

家族間の距離が感覚的に近くなったような気がするかと思います

炊事のお手伝いや食器の後片付けにも入りやすく、テーブルを作業台として利用することも可能

家族の会話も弾みそうです

このようにキッチンを中心に部屋の配置を考えてみることも

プランニングの際には重要なことかと思います


19:26:19 | 間取り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今話題のセンターリビングとは?
2008 / 01 / 17 ( Thu )
センターリビングという言葉を最近よく耳にするようになりましたが

どのようなものなのか?

まずは注目されるようになった背景から説明できればと思います

ニュースなどで毎日のように報道されています

子供の凶悪犯罪などの家庭内外での事件

また、登校拒否や引きこもりなどの問題も年々増加してきています

その一つの原因として

家族内でのコミュニケーションが希薄になってきたことがあげられています

そこで着目されているのがマイホームの問題です

昔の日本の家は隙間風が入り込んでくるような家ではありましたが

「個」より「集」を大切にした考え方で間取りが形成され

自然と家族がふれあいながら生活をしてきました

最近では断熱や耐震など家の性能は上がりましたが

家族がそれぞれの居場所(部屋)を持つ「個」を重視した間取りになり

一番大切な家族のふれあいが失われてきてしまったのです

そこで考えられたのが個々の部屋はありながらも家族が自然とふれあえる間取り

センターリビング(リビングアクセス型住宅)です

SKMBT_C35208011715100.jpg


玄関から直接リビングに入り

リビングから各部屋にアクセスするという考え方です

実際にプラン例を見てみましょう

SKMBT_C35207101413450.jpg


玄関ホールを通じてまずは家族が集まるリビングへ

リビングを中心にしてキッチン・ダイニング・和室・洗面室・階段が配置されています

自然と家族が顔を合わせる機会が多くなるわけです

「ただいま」「おかえり」「行って来まーす」

家族の元気な声が聞こえてきそうです


16:03:33 | 間取り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。