スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
住宅ローン
2009 / 08 / 03 ( Mon )
“夢のマイホームを手に入れたのに手放さなくてはならない”

最近そんな悲しい記事を新聞などで見かけるようになりました


その原因の多くは住宅ローンの破綻にあります

住宅営業マンから「今の家賃が6万5千円でしたら、同じ額を返済すれば夢のマイホームを取得できますよ」

と甘いささやきを受け、マイホームの建設を決断

ところがそこに落とし穴があったのです

・現在のアパートの家賃6万5千円

・住宅ローン返済額:(借入れ金額2000万円、借入れ期間35年、金利10年固定2.1%)
              月々の返済額:6万4千円

比較するとほぼ同じ支払額でマイホームを取得することが出来るわけです

確かに「それなら狭いアパートで暮らすより、マイホームで暮らしたいわ」と思われるのは当然です


しかし、私の考えは

現在の家賃」  住宅ローン」 と比較するのは危険性大

その理由をいくつか挙げてみます

金利の変動:家賃は物件の人気と需給バランスで価格が決まる(金利の影響を受けない)のに対し、住宅ローンは金利の動向に大きく左右されます(月々の返済額が上がる可能性がある)。

税金:アパートは大家さんの資産ですが、マイホームは購入者の資産となります。資産を取得、維持するには不動産取得税や固定資産税などの税金を支払わなくてはなりません。

修繕費:マイホームを維持するには、定期的な修繕が必要となり費用がかかります。(例えば35年の返済期間の中でも、外壁や屋根の塗り替え、バルコニーの防水、水廻りの整備などの費用が幾度とかかってくるわけです)

以上の要素だけでもアパートの家賃と比較することができない理由となることが解かると思います


せっかく建設した夢のマイホームを手放すなんて切な過ぎます

そうならないためにも、私たち住宅を販売する者は売ることだけを考えず

家づくりのパートナーとして

お客様にしっかりと資金計画のアドバイスを行うことが重要だと感じています


スポンサーサイト
19:23:14 | 住宅ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。