スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
へりなし畳
2008 / 11 / 16 ( Sun )
最近お客様の家でも提案させていただくことが多くなったのが

「へりなし畳」

通常の畳と違い、両端についているへりがない畳です

DSCN3326.jpg

1畳の大きさのものもありますが、通常使われる基本的なサイズは半畳の大きさのものが多く

畳の方向を交互に並べることにより市松模様になるのも特徴です

人気が高くなったのは

モダンな内装や家具を好まれる方が多くなったことが要因と考えられます

デメリットとしては通常の畳と違い、畳表を四方に巻き込むため材料を多く使うことと

一枚を作るのに手間がかかるため

お値段が若干高くなること


DSCN2733.jpg

リビングとつながる畳コーナーにもお勧めです

和室を計画される方は、ぜひご検討してみては

いかがでしょうか...。



スポンサーサイト
15:29:07 | 住宅豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ごち餅まき
2008 / 07 / 21 ( Mon )
昨日は、大安の日曜日ということもあり

午前中は御代田町で地鎮祭

午後は佐久市内において上棟式と祭事が続いて行われました

上棟式の現場では

建て方二日目を迎え、夕方にはいよいよ上棟

DSCN3051.jpg

屋根上に作られた祭壇には御幣が取り付けられ、野菜や果物も供えられました

式の中では建物のお清めをした後、お祝いの手拍子が鳴り響き

最後に「ごち餅まき」が行われました

DSCN3058.jpg

「ごち餅」とは佐久地方の方言のようですが

お祝い事の際に振舞われるお餅のことであります

家の周囲には近所からたくさんの人が袋を持って集まり

大賑わいの上棟式となりました

DSCN3062.jpg

棟梁の大きな掛け声とともに一斉に建物の四方に

お餅やお菓子が投げられ

地上にいる皆さんは大慌てで拾われておりました


最近では珍しくなりました「ごち餅まき」ですが

参加された方、特に小さいお子さんには大きくなったときも思い出に残る

上棟式になったかと思います


21:07:58 | 住宅豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地盤調査
2008 / 05 / 21 ( Wed )
お客様の敷地にて行われた地盤調査の立会いに行ってきました

地盤調査とは...?

計画している建物の重さに地盤が耐えられない場合には

建物は沈んでいったり、傾いたりしてしまいます

そこで機械を使い地中を調査し

地盤の強さを数値で表す試験のことを言います


DSCN2899.jpg


住宅の地盤調査ではスウェーデン式サウンディング試験が多く採用されています

地中にロッドを貫入させ、深さごとの地盤の強度を数値で表していくものです

調査データを基にして、それぞれの敷地の耐力に合わせた基礎形状を

決めていく必要があるのです

DSCN2898.jpg


お客様に末永く安心して暮らしていただける家を造るためには

重要な作業となります


02:38:46 | 住宅豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
住宅ローン控除を受けるには?
2008 / 02 / 19 ( Tue )
今年も確定申告の季節がやってきました

昨年(19年度)にマイホームをローンで購入された方は

税務署にてローン控除の手続きをする必要があります

「申告をしなくてはいけないとわかっていているけど、実際にどうすればいいの?」

と思われている方も多いかと思います...。


そこで私がお勧めする手続きの手順を簡単に説明します

・まずは税務署へ行き申告に必要な書類を一式もらってきましょう

その中に住宅借入金等特別控除等添付書類整理表という封筒があります

SKMBT_C35208021920310.jpg


・封筒の表紙に記載してある必要な添付書類をチェックします!

家屋の新築や中古家屋の購入、増改築などそれぞれ必要な書類が違うので注意

・添付書類の準備が出来たら封筒(整理表)に入れて全て揃ったかチェック欄にチェックをしましょう

住宅借入金等特別控除額の計算明細書に記入します

SKMBT_C35208021920300.jpg


記入が済んだら税務署へ行き

「必要添付書類を入れた封筒(整理表)」と「確定申告書」及び「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の3点を提出すればOKです

少々面倒ではありますが、1年目に確定申告すると2年目以降は

年末調整で控除が受けられる仕組みになっております(給与所得者の方に限ります)


こんなお得な住宅ローン控除も今年(20年度)で終了となる予定です

これからマイホームを計画して建てられる方のためにも何とか延長してもらえることを願います


21:25:59 | 住宅豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リビング階段って寒いんじゃないの?part2
2007 / 04 / 08 ( Sun )
先日、リビング階段の暖房効率について実験をしたとお話ししましたが

今日はその結果を発表します

2月の寒い朝、外気は2度に満たない状況の中実験開始

まずは1階のリビングにある温水ルームヒーターのスイッチをオン

DSCN06678.jpg


五分おきに各温度計を計測しグラフにしてみました

SKMBT_C35207040818250.jpg


開始前の室温は1階、2階とも10℃

開始と同時にリビングの温度は上昇していきます

一時間が経過したところで16℃まで上昇

問題の2階ホールは11.5℃

グラフを見ていただくとリビングの温度の上昇に対して2階ホールはかなり緩い勾配で上昇していくのがわかります

二時間が経過リビングの温度は19℃

2階ホールの温度は13℃

リビングが9℃上昇したのに対し、2階ホールは3℃上昇しております

ちなみに外気は2℃ほど上昇しているのを考慮すると

ヒーターの熱は2階のホールにはわずかしか上がっていないことになります

私の考察:リビングで温められた空気は階段を通じて2階に上がろうとする一方で、2階の冷えた空気は1階へ下がろうとするため、階段の途中(2階床面)で界面ができるので1階の空気は2階へは上がりづらくなっている。
ただし、階段のほかに吹抜けがあったりする場合は空気が対流する可能性があり、結果は変わってくると思われる。

リビング階段を検討されている方は

ぜひ参考にしていただければと思います





18:20:00 | 住宅豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。