スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
リビング階段って寒いんじゃないの?
2007 / 03 / 26 ( Mon )
「リビング階段にしたいけど暖房効率を考えるとちょっと...」

と言われる来場者の方も多くいます

子育て住宅プロジェクトで今回企画した佐久展示場はリビング階段を採用しています

DSCN0997.jpg


私たち子育て住宅展示場は県内(諏訪、伊那)に3箇所あるのですが

実はリビング階段の展示場は今回が初めてなんです

展示場を計画する際、正直なところ私も「リビング階段なんで暖房効率は悪くなるんだろうな」と考えたのですが

子育て提案というコンセプトを重視してあえてリビング階段にこだわったわけです

昨年の秋に展示場がオープンして今回始めての冬を迎えたのですが

実際に展示場内で作業をしている中で、思いのほか1階(リビング)で暖房を入れると

温まるのも早く、暖房効率も悪くなっていないような気がしたのです

そこで、この冬展示場内で実験をしてみました

1階(リビング)にあるルームヒーターだけをONにして、各部屋の温度の変化を五分おきに計測していきました

計測箇所は4箇所

1.外気(建物の外の温度変化を計測)

2.リビング(ダイニングと一体となっているのでダイニングテーブル上で計測

DSCN0978.jpg


3.2階ホール(階段を上りきったところにあるスペースで計測)

DSCN0980.jpg


4.玄関(リビングとつながる扉は全て締め切った状態、下駄箱上で計測)

DSCN0977.jpg


2月の冷え込む朝に実験を開始いたしました

はたして寒さの厳しい信州ではリビング階段は向かないのか?

結果は近日中にブログの中で公開いたします




スポンサーサイト
20:45:28 | 住宅豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
土地選びのポイント②
2007 / 03 / 23 ( Fri )
 今回で2回目となりました土地選びのポイント

前回は、お子様の通学路について触れましたが

今回は、条件で違う土地の表情についてお話したいと思います

皆さんは土地を選ばれる際に、晴れた日に現地へ向かい

日当たりの良し悪しを土地購入の決め手とされているのではないでしょうか?

確かに日当たりは土地を選ぶ上でとても大切なことです

ですが、ここで皆さんに考えていただきたいのが

雨の日の周辺状況と土地の状態です

雨天時の敷地内や道路の排水状況は晴れた日では分かりません

雨天時前面道路に水が溢れていたり

その水が敷地内に進入してきて土地が湿気ていたり

また、敷地内の水はけの悪さによって道路に土が流れ出てしまうかもしれません

この現象は雨の日にしか見えないのです

土地は条件によって表情を変えるものです

雨の日の外出は気が重くなってしまいがちですが

これから一生住まわれていく土地です

雨の日に現地へ足を運び、土地の表情を見ることが大事なのです



21:11:26 | 土地選び | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子供部屋の収納
2007 / 03 / 21 ( Wed )
今日は子供部屋の収納についてご提案させていただきます

子供部屋を計画する際に必ず必要になってくるのが収納

二つの子供部屋の間に間仕切りを兼ねて収納を造るケースが多いのですが

SKMBT_C35207032121330.jpg


ここでよく考えないと以外に無駄な空間の多い収納となってしまいます

収納の中は通常、枕棚(高い位置にある棚)にハンガーパイプをつけるのが一般的です

ハンガーパイプに衣類を掛け、床には衣装ケースを置くことが多いと思いますが

ハンガーに衣類を掛けるのも、衣装ケースを置くのにも、奥行きは1mもいらないのです(60cm~70cmあれば十分)

衣類を掛けた残りのスペースは、実はデットスペース

ただ奥行きを深くとっても収納量は増えないのです

そこで子育て住宅プロジェクトで提案する収納はこちら

SKMBT_C35207032121331.jpg


1mの奥行きを有効に使い、70cmを収納のスペース、そして残りの30cmのスペースは造りつけの本棚

子供部屋の必需品の本棚を壁に埋め込んでしまえば、お部屋はスッキリ、地震などで倒れてくる心配もありません

DSCN0933.jpg


こんな収納の工夫で子供部屋の使い勝手もよりよくなると思います



22:11:04 | 収納の工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
土地選びのポイント①
2007 / 03 / 17 ( Sat )
 いよいよ入園・入学シーズンになってきました

お父さん、お母さんは「大丈夫かな!?」と心配もする反面

お子様に対しての期待も膨らんできているのではないでしょうか

そこで今回からシリーズで土地選びのポイントを

私、宅地アドバイザーの馬場がお届けしたいと思います

SKMBT_C35207031720240.jpg


第一回目の今回は、お子様が通う学校の通学区について

触れてみようと思います

20070317200410.jpg


土地を考えるにあたってまず、お子様の通う学校を条件にいれ

土地選びをスタートされているのではないでしょうか?

学校からの距離、お友達と同じ通学区と選ぶ中で

私馬場が土地選びのポイントとしてアドバイスしたいのがお子様の通学路です

特に佐久平駅周辺は交通量も多く毎朝横断歩道では

保護者の方々が小学生を誘導している姿が目に留まります

小さなお子様がお友達同士で登下校しても安全な通学路があることを

条件の一つとして加えることによって

お父さん・お母さんはもちろん、お子様にとっても

安心な土地選びを進められると考えます

これから土地をお探しの皆様、まず候補の土地が見つかったら

一度実際に学校までの通学路を歩いてみることお勧めします


20:07:50 | 土地選び | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家づくり勉強会開催されました
2007 / 03 / 15 ( Thu )
今日は第五回「家づくり勉強会」が開催されました

テーマは「資金計画で失敗しないためには!」

三月とは言え、冬が逆戻りしたような寒さの中、足をお運びいただいた参加者の皆様に感謝しております

rimg0564.jpg


家づくりを計画する際には誰もが直面するのが資金計画

こんな資金計画の失敗事例を基に

原因を分析し

その解決策を「子育てママ応援住宅プロジェクト」で作成したオリジナルテキストを使い講義させていただきました

SKMBT_C35207031519220.jpg


目に見えない諸経費の内訳や住宅ローンのしくみを理解していただいたうえで

成功する資金計画のための4か条の説明をさせていただきました

参加者の方の声をご紹介いたします

「アパートの家賃並で返済が出来ればと考えていましたが他にもいろいろと考えなくてはいけないことが解り参考になりました」

参加者の皆様には熱心に耳を傾けていたき、私もいつになく力が入ってしまいましたが

いい勉強会ができたと、うれしく思います


19:44:40 | 建設現場の様子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家づくり勉強会のお知らせ
2007 / 03 / 10 ( Sat )
第五回「家づくり勉強会」の受付を開始いたしました

今回の勉強会は参加者の皆さんからのアンケート結果を基にテーマを変更しまして開催いたします

テーマは資金計画で失敗しないためには?」

SKMBT_C35207031018590.jpg


マイホーム(住宅ローン)は人生で一番大きな買い物です

しかしながら、「家賃並みの返済なので安心」などという安易な計画からスタートしてしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまいます

また、これからの人生の中では家のローンだけではなく、生活費に加え子供の養育費や車の買い替えなど様々な費用が発生してきます

マイホームの計画を成功させるには、これらの要素を踏まえて資金計画をしっかり組むことが重要なのです

勉強会の中では資金計画の失敗事例を基に、原因を洗い出し、その解決策をオリジナルテキストをもとに講義させていただきます

テキストの内容の一部を紹介いたします

・年収と返済額とのバランス(返済比率)が重要!!

・4800種類ある住宅ローンの中からあなたに合ったプランの選び方

・建物意外にかかる諸経費の内訳とは?


解りやすく楽しい勉強会にしたいと思います

お申し込みはTEL、FAX、Eメールで受付いたします

当日は託児所を完備しておりますので小さなお子様を連れてお越しいただいても安心です

会場の都合上、定員となり次第〆切とさせていただきますので申し込みはお早めに




19:34:17 | 家づくり勉強会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地盤改良工事
2007 / 03 / 05 ( Mon )
新たな子育て住宅建築が始まりました

今回のお宅は三人のお子さんを育てられている

子育て真っ最中のお宅です

打合せの際には、ご主人と奥様の希望を聞かせていただいた上で、

私たちの様々な子育てや家事の提案を交えてプランを作り上げていきました

夢のマイホーム完成に向けて先日工事が始まったわけですが

建設する土地は昔田んぼだったこともあり、地盤の改良工事が必要でありました

一概に地盤改良と言いましてもいろいろな種類があるんです

・表層改良工法:表層部の軟弱地盤の土とセメント(固化材)を攪拌して、安定した地盤を造り、不動沈下を防ぐ工法。

・柱状改良工法:セメント(固化材)を特殊な機械で注入しながら土と攪拌し柱状に固化させ地盤を強化する工法。

・鋼管杭工法:支持地盤が改良不能な深さにある場合に用いられる工法で鋼管杭を回転させながら地中深くまで貫入し、家を支える工法。

などなど

今回地盤調査の結果、採用された工法は柱状改良工法

SKMBT_C35207030522110.jpg


建物の基礎が乗る位置を記しした上に

キャタピラの付いた特殊な機械でグリグリとセメントと水を注入しながら攪拌していきます

SKMBT_C35207030522111.jpg


このモグラの穴のように山になっているところが

改良完了箇所です

SKMBT_C35207030522112.jpg


基礎の下となり見えなくなるところではありますが

長年にわたり家を安定させ、末永く暮らしていただけるためには非常に重要な作業なんです


21:59:24 | 建設現場の様子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。