スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
よいお年をお迎えください
2009 / 12 / 28 ( Mon )
今年も残りわずかとなりました

一年を振り返りますと

100年に一度といわれている不況の到来や

政権交代など様々な変化のあった年でありました

そんな中でも展示場に足を運んでいただいた皆さん

このブログをご覧いただきました皆さん

心より感謝しております

ありがとうございました

また、多くのお客様との縁に恵まれ、家づくりのお手伝いができ

今年も子育て住宅がたくさん誕生したこと

大変うれしく思います



クレバリーホーム佐久展示場は明日(29日)よりお休みとさせていただきます

新年は1月3日(日)よりオープン
SKMBT_C35209122819350.jpg

3日~5日新春見学会と題しまして

新春限定商品の発表や

最近話題の住宅エコポイントの説明会を

開催いたします

早い者勝ちの福袋も用意して皆様のご来場をお待ちいたしております


寒い日が続きますがお体にはくれぐれも気をつけて

よいお年を迎えてください



スポンサーサイト
21:21:30 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
忘年会
2009 / 12 / 27 ( Sun )
昨夜は忘年会

忘年会といいますと会社の仲間と行うことが多いかと思いますが

今回は基礎工事や大工工事、電気工事などなど

日ごろ私たちと思いをひとつにして家づくりに取り組んでいるメンバーで行ったもので

私もこの日を楽しみしておりました

DSCN5296.jpg

お酒を酌み交わしながら一年の労をねぎらったのですが

話題はと言うと

「どこどこのお客様の家ではこんなことがあったね!」

「こんなとこにこだわったらお客様に喜んでいただけてうれしかったよ!」

など、家づくりのエピソードがほとんど

普段は真剣な顔しか見せない大工さんも頬をゆるまし

にぎやかな会となました

今まで以上に団結力も高まったような気がします

みんな「いい家をつくる」という共通の目標をもった

すばらしい仲間です

そんな仲間と仕事ができることに改めて感謝の気持ちを感じることができました


年末年始くれぐれもお酒の飲みすぎには注意しましょう

DSCN5313.jpg
13:35:53 | ひと息 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お客様の家が完成2
2009 / 12 / 22 ( Tue )
先日ご紹介しましたお客様の家の続き


大空間のLDKはご夫婦のこだわり

家族が集まるスペースを広く使いたいとの思いからです

図面の提案段階で問題になったのがキッチン!

オープン的なキッチンスペースは開放感があるメリットの反面

雑然としてしまうキッチンが人目についてしまうというデメリットがあります

課題は部屋のインテリアにマッチするデザイン性と使い勝手

それから、キッチンが常に整頓できるような周りの収納です

何度も打ち合わせを重ねた結果

完成したのがこちら

DSCN5229.jpg

キッチンはデザイン性と機能性を追及したトーヨーキッチンBAYを採用

落ち着いたダーク色のウォールナット材の無垢フロアーと表しとした梁

壁はシンプルな明るいホワイト

その中にスタイリッシュなステンレスのキッチンが輝きを放っています

もうひとつの問題は収納!

気になるのはキッチンの背面にありますアルミスクリーンの3枚扉

その扉の秘密はこちら

DSCN5227.jpg

左から扉を開けていくと

食器棚と家電収納が現れます

食器棚はクレバリーホームオリジナルのアルボランバー(可動棚)

お鍋や食器の大きさに応じて自由に高さを変えることができるのです!

家電収納は炊飯器やポットから噴き出す蒸気を自動的に排出できる機能を設けました

DSCN5225.jpg

残りの右の扉を開けると

な、なんと...

どこかへ通じているではありませんか!

DSCN5223.jpg

そう、食品庫への入り口なのです

効果的に棚を配置し収納量豊富な食品庫

外部へと通じる内土間つきの勝手口も一体となっています

これで収納の問題も解決


引渡しの中ではスタッフから「ぜひこのキッチンの実際の使い勝手を教えてください!」

との奥様にお願いする声も出ておりました

私たちがお手伝いさせていただいたマイホームで

ご家族の皆さんが新しい年を迎えていただくことができることとなり

大変うれしく思います


13:17:41 | お客様の家 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お客様の家が完成!
2009 / 12 / 19 ( Sat )
上田市で建設中でありましたお客様の家が完成!

引き渡し式が行われました

DSCN5219.jpg

外観はウッド調のサイディングをアクセントに

屋根は太陽光パネルの搭載量と発電効率にこだわり、南面が広くなるよう

形状に変化をつけています

DSCN5244.jpg

暗くなりがちな北入りの玄関は広々としていて、明りが差し込む工夫がされています

木質感のある玄関ドアもお客様のこだわりです


製作段階でブログにアップした手作りロートアイアン

吹き抜けの手すりとして輝きを放っています

DSCN5243.jpg

世界に一つしかないオリジナル部材です

吹き抜けの中にあるバルコニーへとつながる通路は

FRPグレーチングを採用

DSCN5234.jpg

一般的な床材を張ってしまうと光がさえぎられてしまいますが

多数の空洞のあるFRPグレーチングなら

通路でありながらも柔らかい光が一階に降り注いできます


次回につづく...
23:53:40 | お客様の家 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマス会
2009 / 12 / 14 ( Mon )
先日の日曜日、ヤマウラ住宅友の会 「クリスマス会」が開催されました

私たちがマイホームづくりのお手伝いをさせていただきましたお客様にお集まりいただき

毎年開催しているイベントです

お客様にも楽しみにしていただいているクリスマス会でしたが

私たちスタッフもこの日を待ちわびて準備を進めておりました

今回は昨年に増して多くのご家族の皆様に参加いただき

会場の外の冷え込みとは一転、熱気あふれる中での開催となりました

まずは子供たちと工作

手作りキャンドルをみんなで製作しました

5.jpg

夢中になってロウを練りながらサンタやトナカイを作り上げていく子供たち

お父さん、お母さんも子供たち以上に真剣となり手を出し、口を出し

ご家族ごとにそれぞれ個性的なキャンドルが出来上がりました

DSCN5245.jpg

キャンドルづくりの後は懇親会

おいしい食事を囲みながら

恒例のビンゴ大会やサンタクロースの登場など

ご家族の皆さんと楽しいひと時を過ごすことができ

大変うれしく思います

IMG_8971.jpg

私が毎回驚かされるのは、子供たちの成長の早さです

三年前展示場で打ち合わせ中、オムツを替えていたお子さんは

すでにお母さんのお手伝いができ、下の子の面倒をみていたり

中学生になった男の子が、すでに私の背を超えてたりと

私たちが手がけさせていただいたマイホームで成長している子供たちを見ると

思いもひとしおです

次回はもっと多くの人に参加いただけるよう

がんばっていこう!と私たちスタッフも励みとなったクリスマス会でした


18:47:56 | 建設現場の様子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
安養寺ラーメン
2009 / 12 / 12 ( Sat )
佐久市にはいくつもおいしいラーメン屋さんがありますが

最近話題になっているのが「安養寺ラーメン」

信州味噌の発祥の地と言われる佐久市の安養寺というお寺で

栽培された大豆を使ったお味噌が「安養寺味噌」

そのお味噌を使って市内のラーメン屋さんが協力して作り上げたのが「安養寺ラーメン」です

一言に安養寺ラーメンと言いましても、お店によってそれぞれの特徴があり

スタンプラリーなども行われています


先日私が訪れたのは佐久市中込にあります

麺や「天鳳」

DSCN5131.jpg

国道141号沿いに位置しますので

よく車で通りかかりますが、時間帯によってはいつも駐車場がいっぱい

になっているのが印象的なお店

当日はお昼の時間帯に行ったわけですが

駐車場はほぼ満車状態で、繁盛している様子が伺えました

数あるメニューの中から注文したのは、もちろん安養寺ラーメン

お値段は850円

DSCN5128.jpg

スープを一口すすると

安養寺味噌ととんこつスープがマッチしていて

まろやかでありながらも濃厚な味わいを醸し出しています

麺は食感とノドごしのよいプリプリの太麺

スープとよく絡み合い、絶妙な味わい

あっという間にスープまで飲み干してしまいました


市内には他にもおいしい安養寺ラーメンがたくさんありますので

また機会があったら紹介できればと思います


14:59:06 | 食べ歩記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リフォーム
2009 / 12 / 01 ( Tue )
「3人の子供が成長し家が手狭になってきてしまった」

「中学校に上がった長男が部屋をほしがり出した」

今年の夏、相談を受けたのがお客様との出会いでありました

お客様の家はご両親から受け継いだ築19年の建物

建替えも考えられたご家族ですが、ご両親が大事にされていた家を出来ることなら

壊したくはないという奥様の声をお聞きしたのと

実際に私と設計担当の唐沢とで既存の建物を拝見させていただのですが

しっかりとした造りで築19年も経っているのが信じられないほど

状態もよかったことから

今回はリフォームということでご提案させていただきました

DSCN5109.jpg

年末年始は生まれ変わったマイホームで迎えていただければと

12月中旬の完成を目指して

工事は現在内外装とも同時の作業で取り掛かっています

DSCN5116.jpg

2階にありました和室は3人の子供たちがそれぞれの部屋をもてるように

3部屋の洋室に変わろうとしています

1階は家族5人が広々と使えるリビングルーム

奥様がいつも孤立していたキッチンは対面キッチンに変化

お母様と亡くなられたお父様との思い入れの詰まった和室は

部屋の形が変わっても面影を残したいと考え

大工さんはじめ現場スタッフが既存の使える材料を吟味し

復旧されようとしています

DSCN5111.jpg

平行して耐震の補強工事も進んでいますので

完成した後も末永く安心して暮らしていただける住まいとなります

お客様も私たちスタッフも完成を楽しみしています


15:14:55 | 建設現場の様子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。