スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
建具の開き勝手
2009 / 02 / 09 ( Mon )
廊下に面したトイレや洗面室

注意が必要なのは扉の開き勝手です

狭い空間での扉の開閉動作や

動線との兼ね合いなどを考慮して扉を検討する必要があります


こちらは一般的な開き戸

SKMBT_C25209020914480.jpg

扉の可動範囲が大きく、狭い空間での開閉が困難であるのと

中から開いたときに廊下を歩いている人とかち合う危険がある

などのデメリットがあります

引き戸にすれば、これらの問題は解決できますが

引き込むスペースがなかったりすることも多いのです


そこで今日ご紹介するのはこちら

SKMBT_C25209020914481.jpg

ドアの中心部を軸にして開閉するドア

可動範囲が小さく、体をほとんど動かさずに開閉

扉も廊下側に僅かしか出ないので、安心して開くことができます

DSCN3834.jpg

名称はメーカーにより異なるようで

引き込み戸(TOTOさん)

ローリング式片開きドア(大建工業さん)などと

呼ばれています

水廻りやそれぞれの部屋の扉が向き合う狭い場所などに

お勧めです


スポンサーサイト
15:48:36 | 家造りの工夫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイル張り | ホーム | 家づくり勉強会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://clevsaku.blog53.fc2.com/tb.php/286-54aca0a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。